ホーム > 住まいの話

キッチン収納

前川.jpg

こんにちは、市川工務店の前川です。

今回はH様のお家に取り付けたキッチン収納のご紹介です。

 

今回はトクラスの収納ユニットを採用しました。

こだわりは吊り戸の下に設置した引戸式の収納です。

 

通常、収納を上下に取り付ける場合、開き戸になっている吊り戸と

引出しや開き戸がついたカウンターキャビネット

開き戸p.jpg キャビネット.jpg  開き戸キャビネット.jpg

 のセットにする場合が多いのですが、H様はどうしても引戸の収納が諦めきれず、

上部には高さが低い開き戸の収納を、その下に引戸の収納を設置する事になりました。

 

完成がこちら ↓

トクラス収納.jpg

実際に使ってみると、『とても使いやすい!』とH様もご満足♪

『コレ、お勧めですよ』と教えて下さいました^^

皆様、工事をお考えの際は、是非こういった実際のお声を参考にして下さいね。

 

H様も、以前市川工務店で工事をして下さったK様宅に遊びに行かれた際に、キッチン収納をみて、今回ご依頼して下さったそうです。

H様、K様、新たなご縁を頂きまして本当に有難うございました★

 

 

2018年7月13日 市川工務店 | | コメント(0)

ココチe 誕生♪

このたび市川工務店の新しい企画住宅をはじめました!

その名は ココチe♪

間口2間弱の敷地に、光と風を呼び込む木の家を作ります。

 

都市の限られた大きさの敷地に家を持つということは、便利さと引き換えに広さや快適さを諦めるということではなく、本当に必要なモノだけに囲まれ、趣味を楽しむ空間を持ち、心地良く豊かに暮らすという事であってほしい。

そのような想いからココチeは誕生しました! 

第一弾は東住吉区駒川3丁目で着工準備中です♪

進捗は随時UPさせて頂きます。

どうぞ宜しくお願い致します。m(_ _)m

駒川3-図面売出し用のコピー.jpg

2018年3月29日 市川工務店 | | コメント(0)

社内検査

P1140963.JPGP1140962.JPG

 

完成間近のお住まいの社内検査へスタッフ揃って、行って参りました!

 

私たちの勉強も兼ねつつ、施主様に引渡す前にスタッフが施主様の気持ちに成り代わり、気になる所はないか、やり残しているところはないかなど、お家の中だけでなく外も細かくチェック☆

 

「少しでも気持ちよく過ごして頂きたい!」そういったスタッフの思いが沢山詰まった住まいになりますように。。。

 

現場では、市川・監督・職人さんの熱い思いのやりとりがありましたが、事務所に戻ってくると、昨日からの寒さで、薪ストーブが再活躍しておりますっ

 

前川.jpg前川

2018年3月 9日 市川工務店 | | コメント(0)

住宅再生!

寒さも柔らいできたかな?と思うと次は花粉の季節ですね。

私は、花粉症ではないのですが他の家族が全員花粉症なので”今年来るか

も”と毎年ビクビクしています。

このまま花粉症にならずに過ごしたいです・・・。

さて、春といえばお引っ越しのシーズンですね。

と、いうことで先日、お引渡しましたお家のご紹介です。

築数十年経たお家の再生!

R0010934.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓新築かと思うくらい生まれ変わりました!

DSCF5771.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、壁もサッシも屋根もほぼ新設した上で柱のみを利用した住宅再生です。

外観だけではなくお家の中も↓

P1140609.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

な、なんということでしょう・・・。

こんなにも変わるなんて驚愕です。

古いお家は“建て直す”という考えが多い中、住宅再生という選択肢もひとつ候補に

挙げていただければなと思う今日このごろです。

もっと詳しく~という方は、お気軽にお問い合わせください。

また、事務所が住宅再生したお家でSRと兼用していますのでこちらも

お気軽にお立ち寄りくださいませ。


こちらのお家は、3月号の木らくな話にもう少し詳しく掲載しておりますのでそちらも是非、ご覧くださいね。

*木らくな話の掲載は、3月以降となります。

DSCF5723.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年2月21日 市川工務店 | | コメント(0)

憧れの薪ストーブ

皆さま、こんにちは。

そろそろ冬の寒さになってきました。

市川工務店~住まいの自然館~では、今年も薪ストーブに火が付きました!


薪ストーブ1


部屋中をポカポカに暖めて、炎がパチパチと心を癒やしてくれる…

いつか部屋に薪ストーブをつけてみたい。と思っている方も多いのではないでしょうか?

今回は、そんな薪ストーブについてのQ&Aです。


薪ストーブ 安全のための注意点は?

薪以外のものは燃やさないこと。

薪ストーブ関連の事故として、煙突で発生する煙道火災というのがあります。

煙突内にこびりついたタール類などが発火して起こる火災。煙突の掃除が重要になってきます><!

また、タール分を多く含む湿った薪や松の薪を燃やさないこと。1年半~2年程乾燥させた薪ならば十分です◯


薪の調達

自分で情報を集めて動くと、比較的安く入手できるかと思います。

広葉樹1束(長さ40センチほどの薪が直径22センチの帯に入ったもの)でおよそ550円程度。

1日で使用する薪は、ストーブや木の種類によりますが、3~4束程度。

ほぼ1日使用する場合、1冬でおよそ5トンもの薪が必要とも言われています。><

無料で手に入れたい…そんなときは、

①森林組合や営林署に間伐材がないか尋ねる

②木材加工所や製材所の加工過程で出る端材を譲ってもらう

③建設、建築業者に端材がないか尋ねる

④造園業者の間伐材を引き取る

などいらなくなった木をもらうという方法があります。


導入するにはいくらかかるか?

薪ストーブ本体の他に、煙突関連・炉台・施工費が必要です。

組み合わせやレイアウト、材料や事例にはよりますが、

本体と煙突で40~50万円ほど。炉台は20万円程から凝るほどに費用がかかります。

施工費は目安として10~30万円程ではないでしょうか。


 

なにかと手間のかかる薪ストーブですが、

その暖かさと、少し心が穏やかになったり、人が集まってきたり、

お料理が出来たり…。

その手間をなんだか楽しい、と思わせる力が薪ストーブにはある様です^^

 

2017年12月 1日 市川工務店 | | コメント(0)