床から受けるイメージ

こんにちは。石川池です。

お家を建てるとき、フローリングをどうするか、どんな木にするか、本当に悩みますよね。
世界にはいろんな木があって、見た目も違うし、雰囲気も違う。
自然の環境によって、希少価値なども変わったり。

市川工務店「住まいの自然館」はよく見るとおもしろポイントがいたるところにあります。
その一つが、床、フローリングです。部屋ごとに色んな素材の木のフローリングを敷いています。

まずアガリガマチを上がると

かりん.JPG

「かりん」の木です。重厚な高級感があります。かりんと聞くとよくわからなくても、
へえっぇええて言ってしまいそうです。つるつるで、少し堅い感じです。

次は来客用の商談室。

ひのき.JPGのサムネール画像

「ひのき」です。晴れの日を檜舞台というように上品な感じがします。日本人が好む美しさというのでしょうか。歩くと軽やかで、気のせいか重力が減ったようです。

こちらは事務の仕事部屋。

桜.JPG

「桜」です。いろんな色で見てるとアキが来ません。自然の模様が面白いです。あと、適度な硬さがあり、すべすべで歩き心地はとても良いです。

長くなりそうなので、今日はここまで。

次回はキッチン回りの床材をご紹介します。

 

石川似顔絵.jpgのサムネール画像石川池

 

 

 

 

2018年6月 3日 市川工務店 | コメント(0)

コメントする